関根桐材店は明治33年(1904年)の創業以来、伝統の技術と国産の桐材のみを扱い、本物の桐製品つくりを守り続けています。昭和58年には三笠宮家献上の栄に浴し、平成16年には天皇・皇后両陛下による本庄行幸啓の際のお食事にも関根桐材店の桐製品が使用されたといいます。

また、伝統を守り続ける一方で、現代のライフスタイルにあった桐製品の商品開発のため、外部デザイナーや異業種の企業や大学などとのコラボレートにも積極的に取り組んでいます。

その一例として芝浦工業大学・デザイン工学科の学生さん達と共同で商品開発した「桐CUBEシリーズ」米びつとコーヒキャニスター等があります。

桐の素材としての美しさ、そして桐の持つ抗酸化作用や防虫・防湿と言う性質を活かし、普段の生活に役に立つような商品の開発を続けています。

「埼玉県優良小売店表彰優秀賞」、「モンド・セレクション銀賞」、「グッドデザイン賞」など受賞多数。

関根桐材店

8商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
8商品 1-8表示
  • <
  • 1
  • >
8商品 1-8表示
  • < Prev
  • Next >