自分らしく、悔いのない人生を送りたい 「自分の個性を活かして描く」

2020年12月9日インテリア,クリエイター,デザイナー,出店情報,商品情報,製品に込めた想い,起業体験談アート,イラスト,女性起業家,絵画,起業

Haruka Sakurai
櫻井 晴香 さん

彼女の作品を見たのは、とあるイベントでした。野菜や植物などを使ってキャンパス生地のバッグにハンコを押してオリジナルバッグをつくるというワークショップで出店されていました。ブースがとてもお洒落で、彼女の作品の世界観で作られた素敵なブースだったのを覚えています。
彼女が自身の作品の販売を始めたのはつい最近のこと。会社員として働いていた彼女が、アート活動を始めるに至るまでの経緯や想いをお伺いしましたので、ご紹介します。

ジュエリーデザイナーを経て、アート活動の道へ

小さな頃から絵を描くことが大好きで、大学も美術系に進み、デザインを勉強しました。卒業後は、オーダーメイドジュエリーのデザイナーとして会社勤務していましたが、自分の個性を活かした活動がしたいと、2019年からアート活動を開始しました。
現在は、水彩画、アクリル画、線画を中心に描いているほか、名刺やチラシなどの販促媒体デザインも行っています。実家が書道教室なので、書道も幼い頃からずっと続けています。

自分らしく生きたい、絵で生きていきたい

アート活動を開始する前は、ジュエリーデザイナーとして、お客様のご要望のデザインを描いてご提案するという、とてもやりがいのある日々を過ごしていました。しかし、毎日を繰り返しているうちに、なんだか自分の個性がなくなってしまうような感覚に陥り、「私はこのままでいいのだろうか?」と、自問自答するようになりました。
せっかく一度きりの人生を与えられているのだから、
「悔いのない時間を過ごしたい。自分らしく生きてみたい」
と思い、アート活動を始めました。

今は、幼い頃から好きだった絵を自分の好きなように描いています。「絵を描くことが大好き」という気持ちは、昔も今も変わっていません。

ブランドロゴに込めた想い

自身のイニシャルであるHとSを組み合わせて、円にしています。
まっさらなプレートに自由に描くイメージを表現しています。
「いつまでも初心を忘れないように」という思いも込めています。

アーティストとしての苦悩と楽しさ

オーダーいただいた絵を描く時に、なかなか思い通りに描けない時があります。焦ってしまって更にうまくいかないという悪循環にはまってしまう時は、私の力不足でお待たせしてしまうこともあり、申し訳ない気持ちになります。でも、絵が思い通りに描けている時や調子の良い時は、食べることや眠ることも忘れてしまうほどに没頭してしまいます。本当に絵を描くことが好きなんだなあと自分でも感じます。
そして、作品の納品時、お客様の笑顔が見られた時は、最高に嬉しいです。

広がる活動の場

グループ展や個展をはじめ、イベントに出店してワークショップを開催したりもしています。アート作品やグッズの販売も始めました。まだまだアート活動をメインに始めて日が浅い上に、コロナ渦の影響で、作品発表の場も限られますが、この状況にめげることなく、絵を好きな気持ちを持ち続け、作品を世に出していきたいと思っています。
−私の描いた絵で、誰かに癒しを与えたり力を与えたりすること−
それは私の最大の幸せですし、目標です。

エコバッグ
iphoneケース